暁のフクロウ : 続・精神の現象学

アンドリュー・カトロッフェロ 著 ; 寿福真美 訳

ヘーゲル「絶対知」の崩壊以後ドゥルーズらのフランス現代思想に至るまでを、『精神の現象学』の構成に照応させて鳥瞰する。「絶対非知」、ガンディーのサティヤグラーハの立場から、80を越えるパラダイムを読み直し、人間の連帯と相互承認、多元的知的営為の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文
  • 緒論
  • 第1章 (EE.)絶対知の弁証法
  • 第2章 (FF.)物質主義的精神の弁証法
  • 第3章 (AAA.)言語の意識と自己意識
  • 第4章 (BBB.)構造主義的理性
  • 第5章 (CCC.)「われわれ」
  • 第6章 (DDD.)サティヤグラーハ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暁のフクロウ : 続・精神の現象学
著作者等 Cutrofello, Andrew
寿福 真美
カトロッフェロ アンドリュー
書名ヨミ アカツキ ノ フクロウ : ゾク セイシン ノ ゲンショウガク
書名別名 The owl at dawn

Akatsuki no fukuro
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 638
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1999.4
ページ数 333, 6p
大きさ 20cm
ISBN 458800638X
NCID BA41075070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想