ヒトはいかにして人となったか : 言語と脳の共進化

テレンス・W.ディーコン 著 ; 金子隆芳 訳

ヒトを他の動物と分かつもの。言語と意識の起源を200万年の人類進化史と最新の脳・神経科学、心理学の成果から解き明かすスリリングな探究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語(人間のパラドクス
  • 言葉がないとき
  • 記号は単純ならず ほか)
  • 第2部 脳(知能の大きさ
  • 育ち分かれる
  • ダーウィン式回路技術者 ほか)
  • 第3部 共進化(言葉は肉体となりて
  • 記号の起源
  • 心は儲けもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトはいかにして人となったか : 言語と脳の共進化
著作者等 Deacon, Terrence William
金子 隆芳
Deacon Terrence W.
ディーコン テレンス・W.
書名ヨミ ヒト ワ イカニシテ ヒト ト ナッタカ : ゲンゴ ト ノウ ノ キョウシンカ
書名別名 The symbolic species
出版元 新曜社
刊行年月 1999.4
ページ数 561, 60p
大きさ 20cm
ISBN 4788506718
NCID BA41069679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想