フィクションとしての絵画 : 美術史の眼建築史の眼

千野香織, 西和夫 著

絵師の描く世界は、本来、絵空事(フィクション)なのだ。美術史家と建築史家が同じ絵を交互に読み解く連歌ならぬ「連論」。絵空事の論理を明かし縛られた視点を解き放つ…絵を見ることの喜びを言葉で語る24章。1993年第4回小泉八雲賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フィクションとしての絵画-熱狂を創造する・豊国祭礼図屏風
  • にぎやかさの演出-見えないものを描く・豊国祭礼図屏風
  • 絵画の中の時間-複数の同一人物を描く・信貴山縁起絵巻
  • 空を飛ぶ倉-斬新な発想とすぐれた表現力・信貴山縁起絵巻
  • 循環する絵画-障壁画の構想・江戸城障壁画下絵
  • 江戸城を飾った障壁画-起絵図で検討した内部空間・江戸城障壁画下絵
  • 志賀唐崎の一つ松-名所絵を読む・近江名所図屏風
  • 白鬚神社と沖の島-絵師は何を描きたかったか・近江名所図屏風
  • 絵師の作為を読む-出産は公開されていたか・融通念仏縁起絵巻
  • 建築内部の表現手法-不要なものを省略する・融通念仏縁起絵巻〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィクションとしての絵画 : 美術史の眼建築史の眼
著作者等 千野 香織
西 和夫
書名ヨミ フィクション ト シテノ カイガ : ビジュツシ ノ メ ケンチクシ ノ メ
書名別名 Fikushon to shiteno kaiga
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1997.10
版表示 新装版.
ページ数 233p
大きさ 23cm
ISBN 4831507954
NCID BA4106623X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98045062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想