近代教育思想を読みなおす

原聰介 ほか編

教育思想は近代にひそむ矛盾といかに格闘してきたか。なぜ「自由と平等」の理念が「競争と差別」の現実を生むのか。ルソー前史からポスト構造主義までのテクストを手がかりに、近代教育学のパラダイムを対象化し思想史の深みから「われわれの教育学批判」を問いかける、かつてない教育思想史の企て。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 近代教育思想をどう読むか
  • 第1部 近代教育思想の形成(ルソーにいたるまで
  • 文明化の過程と『エミール』-ルソーの「近代性」
  • 啓蒙主義の教育思想(コンディヤックにおける理性年齢と原罪の概念
  • 進歩と教育) ほか)
  • 第2部 現代教育思想の挑戦(問題としての「知識教育」
  • 教育関係の歴史的生成と再構成-システムと相互性
  • 世界の区切り方を変える-グレゴリー・ベイトソンにもとづく教育人間学の試み
  • ハーバーマスと教育学 ほか)
  • 第3部 教育学批判の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代教育思想を読みなおす
著作者等 上原 秀一
今井 康雄
今井 重孝
原 聡介
坂倉 裕治
宮寺 晃夫
森田 伸子
森田 尚人
生田 久美子
田中 智志
田中 毎実
田代 尚弘
矢野 智司
鈴木 晶子
鳥光 美緒子
書名ヨミ キンダイ キョウイク シソウ オ ヨミナオス
書名別名 Kindai kyoiku shiso o yominaosu
出版元 新曜社
刊行年月 1999.4
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 478850667X
NCID BA41056688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99092708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「教育されたスパルタ人」はいないのか 宮寺 晃夫
アフォーダンス理論 生田 久美子
オートポイエーシス/技術欠如/因果プランあるいは因果地図 今井 重孝
コンディヤックと教育学 上原 秀一
コンディヤックにおける理性年齢と原罪の概念 : 啓蒙主義の教育思想1 上原 秀一
シュプランガーにおける「文化教育学」のアポリア 田代 尚弘
ジョン・デューイと未完の教育改革 森田 尚人
ハーバーマスと教育学 今井 康雄
フーコーの規律化概念/フーコーの装置概念/フーコーの権力概念 田中 智志
ヘルバルトと現代 鈴木 晶子
ペスタロッチの教育思想 : 教育学的「子ども」の構成と教授学の成立 鳥光 美緒子
ポスト構造主義の教育分析 : フーコーの生-権力論 田中 智志
ルソーにいたるまで 原聰介
ルーマンの教育システム論 今井 重孝
一八世紀奢侈論争 板倉祐治
世界の区切り方を変える : グレゴリー・ベイトソンにもとづく教育人間学の試み 矢野 智司
合理主義の教育理論とピーターズ 宮寺 晃夫
問題としての「知識教育」 生田 久美子
教育学批判の系譜 今井 康雄
教育関係の歴史的生成と再構成 : システムと相互性 田中 毎実
文明化の過程と『エミール』 : ルソーの「近代性」 森田 伸子
臨床教育学 田中 毎実
近代教育思想のなかの母 原聰介
近代教育思想をどう読むか 原聰介
進歩と教育 : 啓蒙主義の教育思想2 坂倉 裕治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想