日本とアメリカのビジネスはどこが違うか

高木哲也 著

日米の経済戦争は今後ますます熾烈をきわめることが予想される。その中にあって、われわれはアメリカのビジネスの方法を知る必要があるのだが、これは、日米のビジネスに精通した著者が、両国のビジネスを比較し、その利点と欠点を、きわめて具体的に示した恐らく初めての本である。会議の仕方から、採用試験、レイオフ、考課の仕方、代表者・役員会のあり方、仕事の進め方、経費や交際費の使い方にいたるまで明らかにされている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本とアメリカのずれはどこにあるか(ルールの不在が日本異質論を生む
  • 海外経験者がなぜ活かされないのか ほか)
  • 第2部 アメリカ人にとって仕事とは何か(アメリカ人の職業にたいする物差し
  • 就社ではなく、あくまでも就職 ほか)
  • 第3部 日本とアメリカの企業はどこがちがうか(人事管理のかなめは明文化にある
  • 役職と組織上の位置づけは一致しない ほか)
  • 第4部 しつけ、しきたりに見る日米の社会風潮(アメリカ人には理解できない肩書偏重
  • しつけ教育は学校でやるか、家庭の責任か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とアメリカのビジネスはどこが違うか
著作者等 高木 哲也
書名ヨミ ニホン ト アメリカ ノ ビジネス ワ ドコ ガ チガウカ
書名別名 Nihon to amerika no bijinesu wa doko ga chigauka
出版元 草思社
刊行年月 1999.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4794208804
NCID BA41047359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想