<女らしさ>はどう作られたのか

小倉孝誠 著

「女の身体の見方」という、「社会」と「文化」が作りあげた幻想を、女はなぜ「自然」なものとして受けいれてきたのか?近代という歴史空間のなかで、見つめられ規制されてきた「女の身体」の表象を跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(変化する身体
  • 身体の多義性 ほか)
  • 1 語られる身体(女・医学・病
  • 見つめられる女たち
  • 美の表象とレトリック)
  • 2 身体の規範化(表層の形成
  • 飼いならされる身体-礼儀作法書のディスクール)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <女らしさ>はどう作られたのか
著作者等 小倉 孝誠
書名ヨミ オンナラシサ ワ ドウ ツクラレタノカ
出版元 法藏館
刊行年月 1999.4
ページ数 258, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4831872466
NCID BA41011828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想