歌舞伎ことば帖

服部幸雄 著

250年余にわたり江戸時代人の心をとらえ続けた歌舞伎は、その壮大な虚構宇宙を彩る味わい深い術語群を生み出した。中には「捨てぜりふ」「板に付く」「茶番」など、現代語に定着しているものも多い。さまざまな言葉を手がかりに歌舞伎という芸能の奥深くへ分け入り、その魅力の源泉を読み解く。『歌舞伎のキーワード』の姉妹編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 演技と洗練(せりふ
  • 捨てぜりふ
  • 思入れ・こなし ほか)
  • 演出-その虚と実(切って落とす
  • 物語
  • 本水・本雨・本釣・本鉄砲 ほか)
  • 役の深化(千両役者
  • 立者・大立者
  • 名題・名題下 ほか)
  • 「劇場」の周辺(柿落とし
  • 外題・名題
  • 櫓 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌舞伎ことば帖
著作者等 服部 幸雄
書名ヨミ カブキ コトバチョウ
書名別名 Kabuki kotobacho
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.4
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 4004306116
NCID BA41007274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想