アルツハイマー病の新しい展開 : 分子メカニズムから今日の臨床研究まで

井原康夫 編

[目次]

  • 1 総論(アルツハイマー病研究の現状と今後の展望
  • アルツハイマー型痴呆の神経病理
  • 多因子疾患としてのアルツハイマー病 ほか)
  • 2 アルツハイマー病の分子機構(プレセニリン
  • アミロイドβ蛋白質
  • タウ ほか)
  • 3 臨床研究とアルツハイマー病以外の神経変性疾患(アルツハイマー病とその類縁疾患
  • 生物学的マーカーを用いたアルツハイマー病の診断と治療への示唆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルツハイマー病の新しい展開 : 分子メカニズムから今日の臨床研究まで
著作者等 井原 康夫
書名ヨミ アルツハイマービョウ ノ アタラシイ テンカイ : ブンシ メカニズム カラ コンニチ ノ リンショウ ケンキュウ マデ
書名別名 Arutsuhaimabyo no atarashii tenkai
シリーズ名 新臨床医のための分子医学シリーズ
出版元 羊土社
刊行年月 1999.5
ページ数 170p
大きさ 21cm
ISBN 4897065488
NCID BA4100420X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想