日本的システムとジェンダー : 経営組織と制度

数家鉄治 著

日本的システムは女性にハンディを背負わせて、ジェンダー差別をもたらしてきた。セックス、ジェンダーの研究をつうじて、女性労働のあり方、男女ともにジェンダー的視点から経営を論じた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本的システムと、制度および組織
  • 第2章 日本社会と女性の労働
  • 第3章 日本の経営とジェンダー
  • 第4章 ジェンダーと日本の企業-女性労働の制度的支援へ
  • 第5章 ポストモダンの経営組織-生活者の論理と組織の制度的基盤
  • 第6章 ポストモダン、生活者、そして企業-経営の理念政略的視点
  • 第7章 日本の企業と組織間関係
  • 第8章 日本の経営組織と制度
  • 第9章 日本企業の制度と組織
  • 補章 日本のインナーウェア産業
  • 補論 東大阪地域企業の実態調査

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的システムとジェンダー : 経営組織と制度
著作者等 数家 鉄治
書名ヨミ ニホンテキ システム ト ジェンダー : ケイエイ ソシキ ト セイド
出版元 白桃書房
刊行年月 1999.3
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 456126308X
NCID BA40990080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99081666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想