金融論

柴沼武 著

日本版ビッグバン(金融大改革)が実施されつつあり、大規模な金融機関も倒産するような現代社会においては、貨幣および金融にかかわる事象への関心と重要性はいちだんと大きくなっているので、これらに関する確かな知識・理解が不可欠のものとなっているのである。いわゆる金融リテラシー時代の到来である。しかし、特定の人・グループを除いては、金融の枝葉末節のすべてを理解する必要はないであろう。要は、金融の基本的・本質的なものを理解しておけば十分であろう。本書は、われわれの経済活動と直結している金融のもっとも基本的なものを解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融と貨幣
  • 第2章 日本の金融制度と金融システム
  • 第3章 貨幣の供給
  • 第4章 貨幣の需要
  • 第5章 銀行の機能と行動
  • 第6章 金融市場と金利
  • 第7章 インフレーションと失業
  • 第8章 家計・企業と金融
  • 第9章 金融政策
  • 第10章 為替レートと国際収支
  • 補章 デリバティブ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融論
著作者等 柴沼 武
書名ヨミ キンユウロン
書名別名 Kin'yuron
シリーズ名 経済学基礎シリーズ 8
出版元 創成社
刊行年月 1999.3
版表示 増補改訂版.
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4794430264
NCID BA40986345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想