神秘日本

岡本太郎 著

ナショナリズム、民族主義といった観点を離れて、世界に対しての存在感としての己を見つめるべく岡本太郎は行脚する。「それは見えない記号でありながら、また生活的には、形となったり色となって表現される。こういう無言の地点から、民族の文化、芸術を理解したい。」日本の心性の原風景を探るべく全国を巡り歩く岡本太郎の壮大なフィールド・ワークは、『忘れられた日本/沖縄文化論』(毎日出版文化賞)『神秘日本』に結実する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神秘日本(オシラの魂-東北文化論
  • 修験の夜-出羽三山
  • 花田植-農事のエロティスム
  • 火・水・海賊-熊野文化論 ほか)
  • 沖縄文化論-忘れられた日本より(「何もないこと」の眩暈
  • 八重山の悲歌
  • 踊る島
  • 神と木と石)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神秘日本
著作者等 岡本 太郎
書名ヨミ シンピ ニホン
シリーズ名 岡本太郎の本 / 岡本太郎 著 3
出版元 みすず書房
刊行年月 1999.4
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4622042584
NCID BA40970094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99081900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想