窓の女竹中繁のこと : 東京朝日新聞最初の婦人記者

香川敦子 著

窓の女(マドンナ)と呼ばれたひと。明治末期、大正、昭和初期、激動の時代に活動した婦人記者の草分け。女子学院の教師時代、鳩山一郎との出会い、東京朝日新聞の記者、市川房枝ら婦人運動家との交流。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誕生から青春時代
  • 第2章 東京朝日新聞入社
  • 第3章 婦人記者
  • 第4章 中国への旅-服部升子とともに
  • 第5章 月曜クラブ一土会
  • 第6章 戦中と戦後の暮らし
  • 第7章 市川房枝の手紙
  • 第8章 帥雲風との再会・彼の死
  • 第9章 静かな死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 窓の女竹中繁のこと : 東京朝日新聞最初の婦人記者
著作者等 香川 敦子
書名ヨミ マド ノ オンナ タケナカ シゲ ノ コト : トウキョウ アサヒ シンブン サイショ ノ フジン キシャ
出版元 新宿書房
刊行年月 1999.2
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 4880082562
NCID BA4096857X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99120064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想