キレる : 親、教師、研究者、そして子どもたちの報告

東京都 編

キレる子現象について、みんなはどう考えているんだろう?東京都の呼びかけで集まった、それぞれの立場からの声…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 キレる子現象とは何か-最近の思春期児童の行動(キレる子現象)に関する専門家会議からの報告
  • 第2部 いま中学生は!連続トーク・イン-最近の思春期児童の行動(キレる子現象)に関する中学生等座談会
  • 第3部 自分の家庭をちょっと見つめ直してみませんか 動こう!すべてはここから始まる-最近の思春期児童の行動(キレる子現象)に関する小中高生をもつ親の会議からの報告
  • 第4部 家庭、地域・社会、学校等への提案-最近の児童・生徒の問題行動に関する教員会議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キレる : 親、教師、研究者、そして子どもたちの報告
著作者等 東京都
書名ヨミ キレル : オヤ キョウシ ケンキュウシャ ソシテ コドモタチ ノ ホウコク
書名別名 Kireru
出版元 ブレーン
刊行年月 1999.4
ページ数 216p
大きさ 21cm
ISBN 4892425990
NCID BA40954225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20025295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想