日本国憲法誕生記

佐藤達夫 著

ポツダム宣言受諾から始まる日本国憲法誕生史において、昭和21年3月4日からGHQで行われた逐条審議の異常な場面は忘れることができない。日本側は法制局部長の佐藤達夫ただ一人。多数の民政局員に囲まれ30時間の孤軍奮闘、一国の基本法をめぐりわたりあった。本書は、憲法誕生の全過程に深く関わった著者が、この夜のエピソードを始め自ら体験した貴重なことがらを明かす現代史の必読書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憲法改正の発端
  • 松本案の起草
  • マッカーサー草案の交付
  • 司令部の徹夜会議
  • 口語体の新草案
  • 枢密院の関門
  • 憲法議会ひらく
  • 草案貴族院へ
  • 憲法誕生
  • 憲法の英訳文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国憲法誕生記
著作者等 佐藤 達夫
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ タンジョウキ
書名別名 Nihonkoku kenpo tanjoki
シリーズ名 シリーズ戦後史の証言 : 占領と講和 4
中公文庫 4
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.4
ページ数 274p
大きさ 16cm
ISBN 4122034035
NCID BA40945585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想