アナスタシア

ジェイムズ・B.ラヴェル [著] ; 広瀬順弘 訳

1920年2月、一人の若い女がベルリンの運河に身を投げた。彼女はすぐさま病院に収容されたが、所持品から身元を明らかにすることは出来なかった。翳りのある青い瞳、気高さの漂う身のこなし。ロシア宮廷について豊富な知識を持つこの不思議な女性は人々の噂になり始めた。驚くべきことに、彼女こそ、ロシア最後の皇帝ニコライ二世の娘、アナスタシアではないかというのだ。皇帝一家はロシア革命の際、全員銃殺刑に処せられたとされている。果たして、この女性は、真実、ロマノフ家の生き残りなのだろうか…?一人の女性の数奇な運命を綴る、今世紀最大の歴史ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アナスタシア
著作者等 Lovell, James Blair
広瀬 順弘
ラヴェル ジェイムズ・B.
書名ヨミ アナスタシア : キエタ コウジョ
書名別名 Anastasia

消えた皇女

Anasutashia
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1998.7
ページ数 568p
大きさ 15cm
ISBN 4042778011
NCID BA40902866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99019483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想