貨幣理論と経済政策

吉澤昌恭 著

本書は、古典派貨幣理論から現代の貨幣理論までを一貫した視点から通覧するものである。本書は、古典派貨幣理論とケインズ貨幣理論の相違点のみならず、類似点をも明らかにする。また、これまで、わが国では十分に紹介されることのなかった、R.TorrensとT.Joplinの貨幣理論をそれぞれ1章を割り当てて検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古典派の貨幣理論(古典派貨幣理論の礎石
  • 兌換停止と地金論争
  • 金本位制度の是非と通貨論争
  • トレンズの苦闘
  • ジョプリンの貯蓄-支出分析)
  • 第2部 ケインズ経済学の再検討(貨幣量削減か平価切り下げか
  • 貨幣数量説、ケインズ、マネタリズム
  • ケインズvs.ハイエク
  • 金融政策と利子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貨幣理論と経済政策
著作者等 吉沢 昌恭
書名ヨミ カヘイ リロン ト ケイザイ セイサク
書名別名 Kahei riron to keizai seisaku
出版元 晃洋書房
刊行年月 1999.3
ページ数 216p
大きさ 22cm
ISBN 4771010714
NCID BA40900113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99101255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想