場の量子論  4巻 (場の量子論の現代的諸相)

ワインバーグ 著 ; 青山秀明, 有末宏明 共訳

著名なノーベル賞物理学者のS.Weinbergによる「場の量子論」、邦訳全6巻の第4巻。本巻では、まず、くりこみ群や対称性の破れにとって重要な演算子積展開、電弱理論の理解の鍵となるゲージ対称性の自発的破れが論じられる。ここでは、対称性の破れの観点から超伝導理論も扱われる。また、これとは対照的に量子力学的効果として対称性を破るアノマリーと、それによって引き起こされる各種の物理的結論が述べられる。さらに、経路積分の非摂動的量子補正に効くインスタントンなどや、物理的状態として観測されるスカーミオン、モノポール、渦糸などの拡がりのある場の配位が論じられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 20 演算子積展開(展開:記述と導出
  • 運動量の流れ ほか)
  • 21 ゲージ対称性の自発的破れ(ユニタリー・ゲージ
  • くりこみ可能なξゲージ ほか)
  • 22 アノマリー(π0崩壊の問題
  • 測度の変換:可換アノマリー ほか)
  • 23 拡がりのある場の配位(トポロジーの有用性
  • ホモトピー群 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場の量子論
著作者等 Weinberg, Steven
有末 宏明
青山 秀明
ワインバーグ
書名ヨミ バ ノ リョウシロン
書名別名 The quantum theory of fields

場の量子論の現代的諸相
シリーズ名 物理学叢書 80
巻冊次 4巻 (場の量子論の現代的諸相)
出版元 吉岡書店
刊行年月 1999.3
ページ数 325p
大きさ 21cm
ISBN 4842702710
NCID BA40895228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99081938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想