ドイツの統合 : 分断国家から普通の国へ

大西健夫, ウルリヒ・リンス 編

ベルリンの壁崩壊から10年、中道左派政権の誕生。国内融和とEU統合・拡大に邁進する民族のバイタリティーを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 統一と統合のドイツ
  • 2章 旧東ドイツ地域での政治・行政体制構築
  • 3章 統一ドイツの民族意識
  • 4章 統一ドイツの経済
  • 5章 ドイツ経済の地域構造
  • 6章 統一と統合の財政政策
  • 7章 通貨統合の金融政策
  • 8章 教育・研究政策
  • 9章 社会構造の変化
  • 10章 外交政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツの統合 : 分断国家から普通の国へ
著作者等 Lins, Ulrich
大西 健夫
リンス ウルリヒ
書名ヨミ ドイツ ノ トウゴウ : ブンダン コッカ カラ フツウ ノ クニ エ
シリーズ名 Waseda libri mundi 29
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1999.4
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 4657993100
NCID BA40876165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99101491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想