ヴィクトリア時代の女性と教育 : 社会階級とジェンダー

ジューン・パーヴィス 著 ; 香川せつ子 訳

ヴィクトリア時代の社会は、社会階級と性差によって、明確に階層化されていた。そのなかで女性はその階層に「ふさわしい」生活を送るために、どのように教育されたのか。また、その教育の様式は時代を経てどのように変わっていったのか。イギリスの代表的女性史・女性学研究者の一人である著者が、放送大学のテキストとして書いた、イギリス女性教育史のスタンダード版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女の領分は家庭である
  • 第2章 労働者階級の少女たちと教育
  • 第3章 「良き妻、良き母であれ」-労働者階級の女性のための教育施設
  • 第4章 中産階級の少女たちと教育
  • 第5章 「淑女らしき主婦であれ」-中産階級の女性のための教育施設
  • 第6章 20世紀後半への影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア時代の女性と教育 : 社会階級とジェンダー
著作者等 Purvis, June
香川 せつ子
パーヴィス ジューン
書名ヨミ ヴィクトリア ジダイ ノ ジョセイ ト キョウイク : シャカイ カイキュウ ト ジェンダー
書名別名 A history of women's education in England

Vikutoria jidai no josei to kyoiku
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 31
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.3
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 4623029972
NCID BA40864767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想