肝癌の治療戦略 : 最適治療法を目指して

井上正康, 木下博明 監修 ; 肝病態研究会 編

本書は、判断に迷う肝癌の最適治療法を第一線で活躍中の研究陣が個々の患者症例に即して多角的視点から実戦的に詳述した初の専門書である。内科的治療、外科的治療、放射線治療、予防治療、癌告知、ホスピス、医療経済学などにも言及した本書は、肝癌診療の従事者に必読の羅針盤である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基礎編(肝癌の日本的特色と世界的特色:その疫学的側面
  • ウイルス肝炎と肝癌の分子背景
  • 肝癌の病理学的問題点
  • 癌と多剤耐性の分子機構 ほか)
  • 2 臨床編(肝癌診療の総合戦略とDecision Tree
  • 肝癌診断
  • 内科的治療戦略
  • 外科的治療戦略 ほか)
  • 3 パネルディスカッション(癌治療の光りと影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝癌の治療戦略 : 最適治療法を目指して
著作者等 井上 正康
木下 博明
肝病態研究会
書名ヨミ カンガン ノ チリョウ センリャク : サイテキ チリョウホウ オ メザシテ
書名別名 Kangan no chiryo senryaku
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1999.3
ページ数 299p
大きさ 27cm
ISBN 4753217469
NCID BA4086401X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想