新・侵襲とサイトカイン : 生体防御と生体破壊という諸刃の剣

小川道雄 著

本書は、全体を書き直して旧版の約1.7倍の改訂新版とし、図表も新しく30枚を加え、現時点の「侵襲とサイトカイン」の進歩をわかりやすく解説した入門書とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 侵襲に際して生体は生き延びるための反応を起こす
  • 侵襲を受けたという情報はサイトカインによって全細胞に伝えられる
  • 外科医はサイトカインをどのようにとらえるべきか
  • サイトカインはなぜ難解なのか
  • サイトカインにはどのような種類があるのか
  • サイトカインの大量放出は細胞のあげる悲鳴である
  • 外科手術後にサイトカインはどこで産生され、どのようにして情報を伝達するか
  • 誘導されたサイトカインはどのような生体防御反応を惹起するか
  • サイトカインは血管内皮細胞と好中球に接着分子を発現させる
  • 好中球の重要臓器への集積も生体反応である〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・侵襲とサイトカイン : 生体防御と生体破壊という諸刃の剣
著作者等 小川 道雄
書名ヨミ シン シンシュウ ト サイトカイン : セイタイ ボウギョ ト セイタイ ハカイ ト ユウ モロハ ノ ケン
書名別名 侵襲とサイトカイン

Shin shinshu to saitokain
出版元 メジカルセンス
刊行年月 1999.2
版表示 改訂新版
ページ数 153p
大きさ 27cm
ISBN 4944130155
NCID BA4086150X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20003883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想