文化史上より見たる日本の数学

三上義夫 著 ; 佐々木力 編

中国と日本の伝統数学の歴史を英文で著述して、国際学界に名を馳せた世界的科学史家三上義夫(1875‐1950)。彼が日本の数学を文化史のなかに位置づけてみせたのが本書である。数学をも「芸」としてとらえてしまう日本的学問エートス。詳細な考証とともに新たに編纂されたこの著作は、日本の学問的伝統総体の見直しをせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文化史上より見たる日本の数学
  • 和算の社会的・芸術的特性について
  • 芸術と数学及び科学
  • 付論 数学史の研究に就きて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化史上より見たる日本の数学
著作者等 三上 義夫
佐々木 力
書名ヨミ ブンカシジョウ ヨリ ミタル ニホン ノ スウガク
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.4
ページ数 341, 6p
大きさ 15cm
ISBN 400381004X
NCID BA4084670X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想