障害学への招待 : 社会、文化、ディスアビリティ

石川准, 長瀬修 編著

障害学(ディスアビリティ・スタディーズ)とは、障害、障害者を社会、文化の視点から考え直し、従来の医療、リハビリテーション、社会福祉、特殊教育といった「枠」から障害、障害者を解放する試みである。本書は、障害学を構成すべき内容を盛り込み、障害学の一端を紹介したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 障害学に向けて
  • 第2章 障害、テクノロジー、アイデンティティ
  • 第3章 自己決定する自立-なにより、でないが、とても、大切なもの
  • 第4章 「障害」と出生前診断
  • 第5章 優生思想の系譜
  • 第6章 ろう文化と障害、障害者
  • 第7章 聾教育における「障害」の構築
  • 第8章 異形のパラドックス-青い芝・ドッグレッグス・劇団態変
  • 第9章 歴史は創られる
  • 第10章 障害学から見た精神障害-精神障害の社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害学への招待 : 社会、文化、ディスアビリティ
著作者等 倉本 智明
山田 富秋
市野川 容孝
森 壮也
玉井 真理子
石川 准
立岩 真也
花田 春兆
金澤 貴之
長瀬 修
書名ヨミ ショウガイガク エノ ショウタイ : シャカイ ブンカ ディスアビリティ
出版元 明石書店
刊行年月 1999.3
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 4750311383
NCID BA40811975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想