図書館の近代 : 私論・図書館はこうして大きくなった

東條文規 著

近代日本の図書館は、優に百年以上の歴史をもつ。百年を超える歴史のなかで図書館は、どのような働きをしてきたのか、もしくはしてこなかったのか。いいかえれば、近代日本史のなかで図書館はどのように位置付けられるのか。本書は、このような問題意識から出発している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家と図書館
  • 第2章 戦争と図書館
  • 第3章 植民地と図書館
  • 第4章 戦後社会と図書館
  • 第5章 図書館批判に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館の近代 : 私論・図書館はこうして大きくなった
著作者等 東條 文規
東条 文規
書名ヨミ トショカン ノ キンダイ : シロン トショカン ワ コウシテ オオキクナッタ
出版元 ポット
刊行年月 1999.3
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 493901519X
NCID BA40808380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想