脳外科の話

神保実 著

混雑した電車にお客が乗ってくる。ところが、ある駅で大量のお客を一挙に乗せようとしたらどうなるだろう。おそらく電車の中はパニック状態になるに違いない。…これがクモ膜下出血時の脳である。脳腫瘍とは、反対に各駅でお客を乗せるようなものだ。少しずつ腫瘍が大きくなるので、ほどほどの症状しか出にくく、気づきにくい。ベテラン脳外科医ならではのユニークなたとえ話を駆使して、働き盛りに多い脳血管障害が起こるメカニズムや、脳の基本的なはたらきを日常生活に役立つように解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 脳外科とは何か
  • 第1章 脳の病気のメカニズム
  • 第2章 代表的な脳外科の病気
  • 第3章 脳外科の手術
  • 第4章 脳外科の最近の進歩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳外科の話
著作者等 神保 実
書名ヨミ ノウ ゲカ ノ ハナシ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.3
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4480057927
NCID BA40804652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99082138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想