戦いの進化と国家の生成

福井勝義, 春成秀爾 編

サルからヒトへ。武器を手にして人間は戦いをはじめた。歴博がおくる日本初の「戦い」に関する学際的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒトの攻撃性と動物の攻撃性
  • 第2部 戦いの進化
  • 第3部 国家の生成
  • 総合討論「戦いの進化と国家の生成」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦いの進化と国家の生成
著作者等 下向井 龍彦
中橋 孝博
仁藤 敦史
佐原 真
吉田 晶
吉良 芳恵
宇田川 武久
岡村 秀典
新谷 尚紀
春成 秀爾
松木 武彦
福井 勝義
藤井 忠俊
藤木 久志
馬場 悠男
高木 昭作
高畑 由起夫
国立歴史民俗博物館
書名ヨミ タタカイ ノ シンカ ト コッカ ノ セイセイ
書名別名 Tatakai no shinka to kokka no seisei
シリーズ名 人類にとって戦いとは / 国立歴史民俗博物館 監修 1
出版元 東洋書林
刊行年月 1999.3
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN 4887213328
NCID BA40801767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99095907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想