和歌の生成と機構

駒木敏 著

本書は、今まで古代の歌謡や万葉集について書いてきた論稿のなかから、比較的関連しあうものによって構成し、まとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 和歌的形式の形成(五三七結解型長歌の形成
  • 初期万葉における長歌の構造
  • 額田王の一首-初期万葉歌の一側面 ほか)
  • 第2章 和歌的修辞法の形成(枕詞-その始原性から和歌的修辞法への位相
  • 初期万葉集における序詞表現の定着
  • 序詞の変容-羇旅歌と地名 ほか)
  • 第3章 和歌の胎動とその基盤(物語における歌謡の位相
  • 『記』『紀』の物語歌の方法-人名呼称と人称転換
  • 万葉歌における人名表現の傾向 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和歌の生成と機構
著作者等 駒木 敏
書名ヨミ ワカ ノ セイセイ ト キコウ
シリーズ名 万葉集 236
研究叢書 236
出版元 和泉書院
刊行年月 1999.3
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 487088965X
NCID BA40793942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99077099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想