運動科学

室増男 著

運動科学とは、運動の発現・制御と代謝性調節、力学的効率といった現象を、生理学・生化学・力学など多方面から考察する学問である。健康の保持・増進や運動リハビリテーション、競技スポーツに関する研究の需要が高まるなか、人間の身体運動に力点をおいた、これら運動科学に関連する研究はますます盛んになってきている。本書は、生体の運動機能の研究を専門としてきた著者が、長年の講義体験を生かし、運動科学の基礎的な知識をわかりやすくまとめたものである。体育学・看護学・栄養学・人間科学・工学系の学生の教科書、運動・体育指導、リハビリ、看護、健康管理に携わる方々への参考書として好適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 運動科学の役割と関心
  • 2章 運動の本質的要素
  • 3章 運動の持続性要素
  • 4章 運動のバイオメカニックス
  • 5章 運動機能とその潜在能力
  • 6章 疲労
  • 7章 成長・発達・老化と運動
  • 8章 スポーツトレーニングの理論とその活用
  • 9章 健康と体力づくりの理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運動科学
著作者等 室 増男
書名ヨミ ウンドウ カガク
出版元 理工学社
刊行年月 1999.3
ページ数 258p
大きさ 26cm
ISBN 4844557068
NCID BA40793884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99092302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想