情報革命の構図 : 日米経済に何が起こっているか

篠崎彰彦 著

今日、米国経済が良好なマクロ経済パフォーマンスを示しているのは、「情報革命」という生産・技術体系の変化を個々の企業が取り込み、新たなダイナミズムを生み出したためである。一方、日本では、80年代までの経済構造に極限まで適合していたために、新しい経済構造への乗換えに遅れてしまった。日本経済に復活の可能性はあるか。ファクトと実証と日米比較を用いて、情報革命の経済効果を複眼的に捉え、少子・高齢化とグローバル化のなかで日本経済を再活性化させる方策を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 情報革命とは何か
  • 第1部 情報革命と米国経済の再生(米国経済の復活
  • 悲観論のなかでの回復
  • 確かな成長と中間層の反乱
  • 長期拡大を続ける米国経済)
  • 第2部 米国の情報革命(新しい情報化の潮流
  • 設備投資の増勢がもたらした就業構造の変化
  • 雇用削減とリエンジニアリング
  • 情報化投資の経済効果)
  • 第3部 日本経済の情報革命(低迷する日本経済
  • 経済効果の日米比較
  • 日本の雇用に及ぼす影響
  • 情報革命と日本社会の変貌)
  • 情報革命の歴史的視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報革命の構図 : 日米経済に何が起こっているか
著作者等 篠崎 彰彦
書名ヨミ ジョウホウ カクメイ ノ コウズ : ニチベイ ケイザイ ニ ナニ ガ オコッテイルカ
書名別名 Joho kakumei no kozu
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1999.3
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 4492392947
NCID BA40752038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想