ドイツ財政調整発展史 : 戦後から統一まで

ヴォルフガング・レンチュ 著 ; 伊東弘文 訳

戦後のドイツ財政調整発展史において、州相互間の水平的な財政調整という、戦前期ドイツにはなかった制度はいかにして「発見」されたのか。今回の日本語版では、補論を二つ追加して、ドイツ財政調整の戦後から現代までを扱う構成とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 合同経済地域における財政調整
  • 2 基本法における財政基本規範への道:ヘレンキーム湖の憲法起草集会と議会評議会
  • 3 1950年から54年の間の垂直的財政調整の具体化をめぐる争い-利害の割合による方式、及び連邦による所得税・法人税の一部要求法
  • 4 1950年度から1955年の財政改革の間の州間財政調整の具体化
  • 5 1955年財政改革
  • 6 改革から改革へ-1955年と1969年の間の財政調整
  • 7 1969年の財政基本規範改革:改革前史とその実現
  • 8 1970年から1990年の間の財政調整の具体化の続行
  • 9 財政基本規範と連邦制国家
  • 補論1 連邦制による問題解決-東の諸州を1995年以後の全ドイツ的財政調整に組み込むことについて
  • 補論2 ドイツ統一の財源調達と財政政策の改革の停滞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ財政調整発展史 : 戦後から統一まで
著作者等 Rensch, Wolfgang
Renzsch, Wolfgang
伊東 弘文
レンチュ ヴォルフガング
書名ヨミ ドイツ ザイセイ チョウセイ ハッテンシ : センゴ カラ トウイツ マデ
書名別名 Finanzverfassung und Finanzausgleich
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1999.2
ページ数 480p
大きさ 22cm
ISBN 4873785847
NCID BA40750178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想