自然界の発明発見物語

板倉聖宣 編

原子・地球・電磁波・偏光板…といった世界的な大発見から、身近な日本での話まで、おもしろい発明・発見をした人たちの物語。科学者たちがどんなふうに科学を楽しんできたかを知ることは、科学のたのしさを知る一番の近道。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • デモクリトス物語-原子論をはじめてとなえた人
  • まちがいなく「大地はまるい球だ」-コロンブスの大たんな計画
  • テレビアンテナ物語
  • 「光は電磁波の一種だ」とかぎつけたファラデーの発見物語
  • フリッシュさんの大発見-ミツバチの不思議な方向感覚のなぞ
  • バカ苗病とジベレリン-日本人の発見した植物ホルモン
  • 創造の時代をひらく村人たち-雪国にたつ「科学の碑」
  • 記号と暗号-ギリシア文字入門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然界の発明発見物語
著作者等 板倉 聖宣
書名ヨミ シゼンカイ ノ ハツメイ ハッケン モノガタリ
シリーズ名 新総合読本 4
出版元 仮説社
刊行年月 1998.12
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4773501367
NCID BA40740108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99119443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想