カウンセリングの条件 : 純粋性・受容・共感をめぐって

岡村達也 著

本書は、特定の理論や技法よりもさまざまな療法に共通な要因、すなわち受容・支持・脱感作・洞察・強化など、また、治療者自身の要因、すなわちそのありようの方が重要なようだとされるその治療者のありようにかかわり、カウンセリングや心理療法と言えば受容、共感、一般に、受容せよ、共感せよと言われるその原典であるとされるロジャーズの論文「治療的人格変化の必要十分条件」を読み直してみます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クライアント中心療法と論文「治療的人格変化の必要十分条件」
  • 論文「治療的人格変化の必要十分条件」の概要と構成
  • 論文の題名「治療的人格変化の必要十分条件」をめぐって
  • 第一節「はじめに」をめぐって
  • 第二節「問題」をめぐって
  • 第三節「条件」をめぐって
  • 第一条件「関係」をめぐって〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カウンセリングの条件 : 純粋性・受容・共感をめぐって
著作者等 岡村 達也
書名ヨミ カウンセリング ノ ジョウケン : ジュンスイセイ ジュヨウ キョウカン オ メグッテ
シリーズ名 シリーズ「心理臨床セミナー」 3
出版元 垣内
刊行年月 1999.1
ページ数 218, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4773401397
NCID BA40726832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想