生物時計の分子生物学

海老原史樹文, 深田吉孝 共編

ヒトをはじめ、さまざまな生物の体内で時を刻む生物時計。謎に包まれていたその分子機構が、いま明らかになりつつある。つぎつぎと見い出される時計遺伝子、そして、その遺伝子発現制御、タンパク質相互作用、シグナル伝達など、話題の生物時計、そのすべてがわかる待望のレビュー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物時計概論
  • 2 時計遺伝子(シアノバクテリア
  • アカパンカビ ほか)
  • 3 メラトニンの分子機構(メラトニン合成酵素
  • メラトニン受容体)
  • 4 細胞生物学的研究(単細胞生物の時計機構
  • 昆虫の視葉時計 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物時計の分子生物学
著作者等 海老原 史樹文
深田 吉孝
書名ヨミ セイブツ ドケイ ノ ブンシ セイブツガク
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1999.2
ページ数 201p
大きさ 26cm
ISBN 4431708146
NCID BA40710719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想