世界史への道 : ヨーロッパ的世界史像再考  前篇

石原保徳 著

ヨーロッパ的世界史像とは何か。いま、なぜその見直しが必要なのか。そして、私たちは、自らの世界史像をいかに築いてゆくべきか。本書はこれらの問いに対するひとつの回答である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「世界史地図帳」にヨーロッパ的世界史像を読む
  • 第2章 ヨーロッパ的世界史像と日本との出合い
  • 第3章 カリブ海域人による新しい地域史像の試み-欧米=メトロポリス産の世界史像とのたたかい
  • 第4章 いま、なぜ「日本国民」の世界史か-上原専禄による「世界史像の自立的形成」のすすめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界史への道 : ヨーロッパ的世界史像再考
著作者等 石原 保徳
書名ヨミ セカイシ エノ ミチ : ヨーロッパテキ セカイシゾウ サイコウ
書名別名 Sekaishi eno michi
シリーズ名 丸善ライブラリー
巻冊次 前篇
出版元 丸善
刊行年月 1999.3
ページ数 273p
大きさ 18cm
ISBN 4621052896
NCID BA40706722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99074528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想