絵の中の人生

太田治子 著

美術館の一角に佇むとき、心に響いてくる声がある。マネの筆に込められた人生のドラマ、ドラクロワの知られざるエピソード、みずみずしい思い出を呼び覚ます鏑木清方…。絵画の背後に潜む魅力をひき出すエッセイ60篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 聖アンナによく似たひと
  • 大嫌いだった男
  • 瞳の中の青い空
  • 御夫妻の肖像
  • おかあさんと「小さな宝石」
  • ひょっとこ顔の女
  • 絵を描く野蛮人
  • 祖母の形見
  • おとうさんの手
  • せめて心は晴れやかで〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵の中の人生
著作者等 太田 治子
書名ヨミ エ ノ ナカ ノ ジンセイ
書名別名 E no naka no jinsei
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1999.3
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 410600562X
NCID BA40679470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99081738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想