新発生学

加藤征 監修

本書は、人体がいかにして出来上がってきたかを学ぶ発生学の本です。各項目のポイントをQ&A形式で要領よくまとめ、2色刷のかなり詳細な図をふんだんに取り入れました。同じ「Qシリーズ」の『新解剖学』と『新組織学』の関連項目をCross Referenceとして掲示してありますから、人体構造に関する3本の柱-解剖学・組織学・発生学-を相互に参照することができます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 循環器系
  • 3 消化器系・呼吸器系
  • 4 泌尿生殖器系
  • 5 骨格・筋・四肢
  • 6 神経系
  • 7 感覚器系・外皮系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新発生学
著作者等 佐藤 巌
加藤 征
小泉 憲司
白澤 信行
書名ヨミ シン ハッセイガク
シリーズ名 Qシリーズ
出版元 日本醫事新報社
刊行年月 1999.3
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 478491160X
NCID BA40675822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想