道具と暮らしの江戸時代

小泉和子 著

江戸時代は、一般庶民まで生活が向上し、様々な日常生活の道具が生れ発達した。箪笥・樽・厨房具などの家財道具を通して、暮らしや社会を再現。道具の徹底した利用の方法は、現代の物質万能主義の社会に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 箪笥の誕生-江戸時代に生まれた道具
  • 生産と生活を支えた桶と樽-中世末から近世にかけて普及した道具
  • 懸硯とまな箸-変身した道具と消えた道具
  • 家財道具からみた暮らしと社会
  • 道具が語る暮らしの形

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道具と暮らしの江戸時代
著作者等 小泉 和子
書名ヨミ ドウグ ト クラシ ノ エド ジダイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 64
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.4
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4642054642
NCID BA40672529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想