死を処方する

ジャック・キヴォーキアン 著 ; 松田和也 訳

医師は死を介助してはならないのか。安楽死を望む末期患者に自ら薬物を注射した医師の末期医療論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 処刑、七月十三日
  • その時、実際に起こっていたこと
  • ある理念の復活
  • 宣告される死の種類
  • 最善の処刑法
  • サクラメントからの凶報
  • 死刑囚監房の声
  • 「まるでサーカスの曲芸だ!」-ある「生体実験」のエピソード
  • 「ヒポクラテスの誓い」ならぬ-「偽善的な馬鹿ども」
  • 日の下に新しきものは無し-死刑囚と医学の関係小史〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死を処方する
著作者等 Kevorkian, Jack
松田 和也
キヴォーキアン ジャック
書名ヨミ シ オ ショホウスル
書名別名 Prescription--medicide
出版元 青土社
刊行年月 1999.3
ページ数 351, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4791756991
NCID BA40668044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想