センサ入門

雨宮好文 著

初めてメカトロニクスの分野に入ろうとする機械技術者は、まず「センサ」を勉強しなければならないが、『電気を学んだのちにセンサを』というのでは、二合目か三合目でたいくつになり、せっかくの意欲が途中でなくなってしまう。そこで、この本は、『センサを学びながら電気の基礎のほうも勉強できてしまうように』、という方針で書いた。改訂2版では、必要な細かい修正のほか、各章の末尾に「本章のまとめ」と「演習問題」を追加し、勉強に便利なようにしました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 力センサ
  • 2 温度センサ
  • 3 自動平衡計器
  • 4 差動変圧器
  • 5 距離センサ
  • 6 重量センサ
  • 7 流量センサ
  • 8 レベルセンサ
  • 9 光センサ
  • 10 ガスセンサと湿度センサ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 センサ入門
著作者等 雨宮 好文
書名ヨミ センサ ニュウモン
シリーズ名 図解メカトロニクス入門シリーズ
出版元 オーム社
刊行年月 1999.3
版表示 改訂2版.
ページ数 187p
大きさ 21cm
ISBN 4274086739
NCID BA40636875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99072323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想