紫禁城史話

寺田隆信 著

北京の紫禁城は明朝第三代の成祖永楽帝の命で、1407年に着工され20年に完成した。翌年、成祖は北京に遷都し、一九一二年二月に清朝最後の宣統帝が退位するまで、紫禁城は明清両王朝を通じて24人の皇帝が居住し、500年にわたり政治の檜舞台であった。この一群の建物は皇帝の住居であると共に、その絶対的権威を内外に誇示するための政治的建造物でもある。紫禁城での皇帝たちの動静に注目しつつ明清両王朝の歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 明から清へ
  • 第2話 満洲族の入城
  • 第3話 国姓爺鄭成功
  • 第4話 聖王あらわる
  • 第5話 天命を信じて
  • 第6話 乾隆全盛の日
  • 第7話 陽は西に傾く
  • 第8話 海から来る嵐
  • 第9話 亡国への坂道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫禁城史話
著作者等 寺田 隆信
書名ヨミ シキンジョウ シワ : チュウゴク コウテイ セイジ ノ ヒノキブタイ
書名別名 中国皇帝政治の檜舞台

Shikinjo shiwa
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.3
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4121014693
NCID BA40625154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99088031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想