皮膚の医学 : 肌荒れからアトピー性皮膚炎まで

田上八朗 著

皮膚は単にからだを包む革袋ではない。厚さわずか100分の二ミリの角層を最前線に、環境からからだをまもるための精緻な機能を備えた人体最大の器官なのだ。最も人目にふれる美的器官であり、重要な免疫器官でもある。機能の衰えは肌荒れ、シワを生む。水虫はカビの感染、イボでは腫瘍への免疫反応がおきる。調節異常は湿疹、アトピー性皮膚炎をひきおこす。美しい肌を保ち、健康なからだを維持するには?皮膚科学からの最新情報。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 防御器官としての皮膚
  • 第2章 肌荒れと肌のおとろえ-美的器官としての皮膚
  • 第3章 皮膚の炎症、免疫、色素沈着-外敵防御の仕組み
  • 第4章 皮膚のアクセサリー-毛髪、爪、汗腺
  • 第5章 治外法権の場への侵入者-水虫のカビへの免疫反応
  • 第6章 消えるイボと消えないイボ-皮膚で見る腫瘍免疫と発癌
  • 第7章 湿疹とじんましん-過剰な皮膚の免疫反応(1)
  • 第8章 埃によるカブレ、アトピー性皮膚炎-過剰な皮膚の免疫反応(2)
  • 第9章 自分自身に向けられた刃、自己免疫病と薬疹-過剰な皮膚の免疫反応(3)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皮膚の医学 : 肌荒れからアトピー性皮膚炎まで
著作者等 田上 八朗
書名ヨミ ヒフ ノ イガク : ハダアレ カラ アトピーセイ ヒフエン マデ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.3
ページ数 272p
大きさ 18cm
ISBN 4121014677
NCID BA40624515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想