漢字の社会史 : 東洋文明を支えた文字の三千年

阿辻哲次 著

「三千年の歴史」と「強烈な伝達力」驚異の文字・漢字のパワーと可能性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文字と古代国家(神聖な文字
  • 記録の素材と内容 ほか)
  • 第2章 国家と行政と文字(国家統一書体の完成
  • 行政の現場から ほか)
  • 第3章 規範の確立(紙の登場と印刷の時代
  • 王羲之の果たした役割-書家と文字規範 ほか)
  • 第4章 東アジアの文字事情(漢字を媒介とした文化圏
  • 古代日本と漢字 ほか)
  • 終章 二十一世紀と漢字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の社会史 : 東洋文明を支えた文字の三千年
著作者等 阿辻 哲次
書名ヨミ カンジ ノ シャカイシ : トウヨウ ブンメイ オ ササエタ モンジ ノ サンゼンネン
書名別名 Kanji no shakaishi
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1999.3
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 4569603645
NCID BA40615467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想