大蔵省元相談官「酷税驚愕のしくみ」

平野拓也 著

サラリーマンなら毎月天引き、自営の方は毎年二月の狂乱の帳簿づけで徴収される所得税にはじまり、納税のために手放さなくてはならぬ先祖代々の土地家屋という図式もあったりするはてな?の相続税、住民税に消費税、車が走ればガソリン税、楽しく飲んだら酒税、輸入品には関税などなど、われわれ国民はやたらと税金を納めているんだが、そうしてかき集められた膨大な国家予算は、どう使われているのだろうか…?外面減税・内面増税と、手を替え品を替え血税を搾り取ろうとする利権にまみれた政府。税収に反し年々増加する歳出と巨額の国債。国民に明らかにされない驚くべき徴税の理念と原則。この無謀がまかり通る日本はどうなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大蔵・亡国税制ここにあり(大蔵省主導の政治
  • 年間127兆円、GDP比25%を扱う巨大官庁
  • 明らかにされない徴税の理念・原則 ほか)
  • 第2章 「酷税」驚愕のしくみ(所得税・65%の高率税制が社会の活力を奪う
  • 日本型異質の欠陥消費税
  • 大蔵省が注ぎ込んだ巨額な公共事業費 ほか)
  • 第3章 「脱却」なくして再生なし(日本を覆うペシミズム
  • 国の構造改革、最優先は官僚主導政治からの脱却
  • 日本経済再生の展望にふれる)
  • 第4章 壮大なむだ遣い。ここで減らす(まず、過去に学び財政再建から
  • 明確な理念に基づく税制改革・減税を
  • バラマキ減税六兆円、追加補正10兆円 ほか)
  • 終章 出番を待つもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大蔵省元相談官「酷税驚愕のしくみ」
著作者等 平野 拓也
書名ヨミ オオクラショウ モト ソウダンカン コクゼイ キョウガク ノ シクミ
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 1998.12
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4094028013
NCID BA40613257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想