肝癌のマイクロ波凝固治療

井上恭一 監修 ; 関寿人, 才津秀樹 編

マイクロ波凝固法を用いた肝癌治療の実用書。マイクロ波の組織凝固の原理から各アプローチ法による基本手技、応用手技、病理と多岐にわたっており、多くの写真、図を用いた解説は入門書として初心者に役立つだけではなく、経験者にとっても知識の整理、再確認の上でも有用な内容になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 これからの肝癌治療とマイクロ波凝固療法の位置付け
  • 2章 マイクロ波とは
  • 3章 経皮的マイクロ波凝固治療
  • 4章 経皮的エタノール注入療法と経皮的マイクロ波凝固療法の比較:適応の振り分けと限界
  • 5章 腹腔鏡下マイクロ波凝固療法
  • 6章 胸腔鏡下マイクロ波凝固壊死療法
  • 7章 開腹下マイクロ波凝固壊死療法
  • 8章 肝癌のマイクロ波凝固壊死療法後の病理形態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝癌のマイクロ波凝固治療
著作者等 井上 恭一
才津 秀樹
関 寿人
書名ヨミ カンガン ノ マイクロハ ギョウコ チリョウ
書名別名 Microwave coagulation therapy for hepatocellular carcinoma
出版元 南江堂
刊行年月 1999.2
ページ数 108p
大きさ 26cm
ISBN 4524217193
NCID BA40610281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99077112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想