疫病の時代

酒井シヅ 編

古来、疫病は、社会を変え、歴史を変え、人々の世界観を変えてきた。いま、新たな感染症が懸念される時代に、人と病との長い歴史から、疫病の意味論を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 疫病と文明(ヨーロッパの黒死病
  • 現代文明とエイズ)
  • 疫病流行史(古代日本人の病
  • 近世社会とコレラ
  • 天然痘、その流行と終焉)
  • 疫病の記号学(創造される病-癩と性
  • 性病-江戸のエロス
  • 佳人と天才の病-結核のロマン化)
  • 「病」を考える視点(寄生虫と感染症-病とその媒介生物の物語
  • 未来の感染症)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 疫病の時代
著作者等 村上 陽一郎
酒井 シヅ
小林 武夫
深瀬 泰旦
福田 真人
立川 昭二
藤田 紘一郎
鈴木 則子
鈴木 隆雄
養老 孟司
宗像 恒次
書名ヨミ エキビョウ ノ ジダイ
書名別名 Ekibyo no jidai
出版元 大修館書店
刊行年月 1999.2
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4469212296
NCID BA40606626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想