ヘーゲル『精神現象学』入門

長谷川宏 著

1807年。哲学界に未曾有の書が現れる。「無限の運動」の相のもと、およそ人類がもつ、知の全貌をとらえる究極の書。目前の木の認識に始まり、世界全体を知りつくす「絶対知」にいたるまで。文明の始原から近代ヨーロッパの壮大な知まで-。人間精神のあらゆる領域を踏破する、哲学史上最難解の書を、「ヘーゲル翻訳革命」の著者が、明快に読みつくす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『精神現象学』のむずかしさ
  • 第2章 意識の根本性格
  • 第3章 地図のない知の旅
  • 第4章 知の旅程(意識・自己意識・理性
  • 精神の種々相
  • 宗教から哲学へ)
  • 第5章 思考の奇怪さについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル『精神現象学』入門
著作者等 長谷川 宏
書名ヨミ ヘーゲル セイシン ゲンショウガク ニュウモン
シリーズ名 精神現象学 153
講談社選書メチエ 153
出版元 講談社
刊行年月 1999.3
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4062581531
NCID BA40561470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想