生理活性糖鎖研究法

木曽眞 編著

糖鎖はきわめて多様性に富んでおり、対象とする糖鎖が糖脂質由来なのか糖タンパク質由来なのかといった違いによって、その研究手法も大きく異なってくる。本書では、多様な糖鎖をとりあげ、単離・精製法からアッセイ法、構造解析法、合成、構造活性相関、医薬品開発に向けた分子設計やコンピュータ化学による分子モデリングまで、実際の研究の流れに沿ってとりまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生理活性糖鎖の単離と生物活性(微量糖脂質
  • グリコサミノグリカン(プロテオグリカン糖鎖) ほか)
  • 糖鎖構造解析の新しい手法(質量分析
  • NMR-立体選択的重水素化法による分岐型糖鎖の安定配座解析 ほか)
  • 生理活性糖鎖の合成法(配糖体合成法
  • 生理活性糖類の合成例)
  • 生理活性糖鎖の分子設計(糖関連酵素阻害剤の分子設計
  • セレクチン認識糖鎖の分子設計 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生理活性糖鎖研究法
著作者等 木曽 眞
木曽 真
書名ヨミ セイリ カッセイ トウサ ケンキュウホウ
シリーズ名 生物化学実験法 / 上野川修一 ほか編 42
出版元 学会出版センター
刊行年月 1999.3
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 4762229164
NCID BA40521443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想