社会問題の社会学 : 構築主義アプローチの新展開

中河伸俊 著

社会学はなにを調べ、なにを探索するのか-構築主義アプローチという新しい手法を、事例研究を交えてわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会問題とは何か-構築主義アプローチへの招待
  • 第2章 社会問題の研究と公式統計
  • 第3章 追放運動から論争へ-「有害マンガ」をめぐる問題活動の展開過程
  • 第4章 「有害マンガ」問題とレトリック分析
  • 第5章 社会構築主義と感情の社会学
  • 第6章 「プライバシー侵害の疑いがあるとされる作品」の構築-公立美術館が購入した連作版画の定義をめぐるポリティクス
  • 第7章 トラブルのエスノグラフィーと社会問題のワーク-社会問題の構築主義的研究の回顧と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会問題の社会学 : 構築主義アプローチの新展開
著作者等 中河 伸俊
書名ヨミ シャカイ モンダイ ノ シャカイガク : コウチク シュギ アプローチ ノ シンテンカイ
書名別名 Shakai mondai no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1999.4
ページ数 332p
大きさ 19cm
ISBN 4790707504
NCID BA40506734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想