ヴェルサイユの歴史

リュック・ブノワ 著 ; 瀧川好庸, 倉田清 訳

パリ郊外に広がる、こころやすめる場所-ヴェルサイユの森をこよなく愛し、フランスの栄華をきわめたルイ王朝は、そこに幾何学的な美を持ち込んだ。はたして、王様にとって「家を建てる」とはどういうことなのか?絢爛豪華な宮殿ができるまでを、臨場感とともに、歴史的にも正しく物語る「観光案内」の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 起源
  • 第2章 庭園と祝宴
  • 第3章 宮殿と町
  • 第4章 ルイ十四世の一日
  • 第5章 ルイ十五世時代の宮廷内部
  • 第6章 エピローグ、そして、ヴェルサイユの模倣
  • 第7章 1789年以後のヴェルサイユ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェルサイユの歴史
著作者等 Benoist, Luc
倉田 清
滝川 好庸
瀧川 好庸
ブノワ リュック
書名ヨミ ヴェルサイユ ノ レキシ
書名別名 Histoire de Versailles

Verusaiyu no rekishi
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1999.3
ページ数 167p
大きさ 18cm
ISBN 456005813X
NCID BA40505753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想