土地を読みかえる家族 : オーストリア・ケルンテンの歴史民族誌

森明子 著

大規模な経済システムと交通しつつ、「ローカルの世界」を境界づけ再構築しようと努めるヨーロッパ農村住民のいとなみ。オーストリア・ケルンテン州N教区でのフィールドワークをもとに、人びとのローカルな経済活動、名誉と価値意識、その文化の意味を、歴史性と個別性の両面から見事に描き出した動態的な民族誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(ヨーロッパの民族誌を書くこと
  • N教区)
  • 第1部 ローカルの経済システム(イディオムとしてのエステイト
  • エステイトの周辺を生きる住民
  • 現代世界のなかの農村)
  • 第2部 ローカルの意味世界(人格(パーソン)の表象としてのバウアー
  • hausen(ハウゼン)-動詞としてのハウス
  • 世帯間関係としてのファミリエとハウス
  • 墓地にみるハウスとファミリエ)
  • 結論(結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地を読みかえる家族 : オーストリア・ケルンテンの歴史民族誌
著作者等 森 明子
書名ヨミ トチ オ ヨミカエル カゾク : オーストリア ケルンテン ノ レキシ ミンゾクシ
出版元 新曜社
刊行年月 1999.2
ページ数 345, 17p
大きさ 22cm
ISBN 4788506637
NCID BA4041734X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99073918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想